本人はよほど月が好きとみえて、丸くなったり細くなったり、絶えることなく形を変え続ける月の満ち欠けそれぞれに、気の利いた呼称をつけている。

 形が似ていることから三日月は「眉月(まゆづき/びげつ)」、上弦、下弦は「弓張り月」。このあたりはまあ誰でも思いつきそうなものだが、月の出時刻が目に見えて日々遅くなっていく満月以降が洒落ている。

 日没と同時に昇る和暦十五日の望(ぼう/もち=満月)に対し、少し遅くためらうように昇る十六日の月は「十六夜(いざよい)の月」(いざよう=ためらう)、立って待っているうちに昇る十七日の月は「立待月(たちまちづき)」、月の出がより遅くなってすわって待つことになる十八日は「居待月(いまちづき)」、さらに遅くなって寝て待つことになる十九日の「寝待月(ねまちづき)」。往時のひとびとが月の出を毎日楽しんでいた情景が目に浮かぶ。

 和暦八月十五日の「中秋の名月」と翌九月十三日の「十三夜」は、現代も残る伝統的な月見行事としてつとに有名だ。しかし江戸時代にはほかにも七月二十六日に月見を行う「二十六夜待ち」というのが、とりわけ江戸で盛んだった。

「二十六夜待ち」は、もとは二十六夜の月に浮かぶとされる阿弥陀三尊を拝む民間信仰にもとづいた行事であったが、江戸時代には海岸や高台に集まって飲み食いを楽しむイベントとして広まっていった。海岸線だった芝や高輪、高台の市ヶ谷、四ツ谷あたりの料理屋は大変な賑わいを見せ、露店も数多く出たそうだ。

 なにかにつけて楽しむことが大好きで、またそれが上手だった当時の日本人の気質に、思わずニヤリとしてしまう。

 近隣のひとびとが集まって月の出を待つ行事は「月待ち」とよばれ、かつては日本中で広く行われていた。二十六夜以外にも、十七夜、十九夜、二十二夜、二十三夜の月待ちがよく知られており、神仏の加護を得る目的の民間信仰として親しまれた。

 月待ちには、みんなで飲食に興じる親睦会的な側面もあり、むしろそちらのほうが主になっていったものも少なくなかったようだ。

 和暦の「わ」の字は、「笑らか」のわ。「笑らか」とは、にこやかで陽気な様子をあらわす古語。月を拝み、月の出を待つことさえも文化にし、そして楽しんだ日本人特有の感性が、毎日を満ち欠けとともに送る和暦のなかに宿っている。

このウェブサイトについて特定商取引に基づく表記プライボシーポリシーお問い合わせ

Copyright © 2006-2021 88d All right reserved.