グレゴリオ暦/2017.04.18 UP  カテゴリー「月の万葉歌

【 月の万葉歌  朝鮮動乱 〜歌の向こうに見え隠れする不吉な符号〜 編】 
熟田津(にきたつ)に 舟(ふな)乗りせむと 月待てば 潮もかなひぬ 今は漕ぎ出でな(巻1-8)


それは日本の歴史上初めてのことだった
 斉明天皇は舒明天皇(第34代)の皇后でしたが、舒明がお隠れになったのちにまずは皇極(こうぎょく)天皇(第35代)として即位されました。その後、皇極は政治的な事情(大化の改新)により、日本の歴史上初めてのご譲位を行います。

 つまり崩御による代替わりではなく、御代の途中でみずから退かれることで、自分とは母ちがいの弟を孝徳天皇(第36代)として即位させたのです(645年)。

 朝鮮半島動乱と天皇のご譲位。現在と状況が重なります。1300年以上のときを隔てた、なにかの符号なのでしょうか。

 もっとも今上陛下のご譲位については、瑞祥(ずいしょう)であるにちがいないと確信してはいるのですが、ひょっとしたらひと波乱あってこその、その先に待ち受ける瑞祥なのかもしれません。

 なんといってもこの記事を書いている2017年和暦3月22日(G暦4月18日)現在、朝鮮半島の情勢は極度に緊迫した状態が続いており、文字どおり息が詰まりそうなほどですから。

 さて、姉上から皇位を継いだ孝徳天皇ですが、即位から10年ほどで崩御。皇位を退かれていた姉・皇極はこの間、「皇祖母尊(すめみおやのみこと)」の尊号を与えられていましたが、これを機に今度は斉明天皇(第37代)として再び皇位につくことになります。退位した天皇が再び即位することを「重祚(ちょうそ)」といいますが、このときの重祚もまた日本の歴史上初めて行われたものでした。ただし実権は皇太子の中大兄皇子が握り、先に書いた白村江の戦いへと向かっていくことになります。

カテゴリー「 月の万葉歌 」の最新記事
RSS RDF ATOM   

このウェブサイトについて特定商取引に基づく表記プライボシーポリシーお問い合わせ

Copyright © 2006-2021 88d All right reserved.