タイトル
令和三年版つきのこよみ表紙

暦手帳『つきのこよみ』の令和三年版をグレゴリオ暦12月より発売いたします。

 「メモできるスペースをもっと増やしてほしい」という声におこたえし、令和三年版ではたっぷり書き込めるようになりました。

 見開き二週間ページを見開き一週間に変更することで、フリースペースが大幅に増えています(見開き一か月ページは従来のままです)

 簡易日記のような形でお使いいただいている方は多いと思います。どうぞ存分に書き込んじゃってください。

見開き月間

 なお体裁は2018年版より採用でバッグにも忍ばせやすい文庫本サイズ(A6判)ですが、メモページ増により、これまでの計一〇四ページから計一六〇ページへと手帳の厚みはだいぶ増しています(五割強の増量=約三ミリ増)。ご承知のほどを。

見開き週間

 正直、制作費のほうも大幅増とあいなりましたが、いまさら値上げなどできませぬゆえ、価格は一〇〇〇円+消費税のまますえおきです。さらに年内、令和二年グレゴリオ暦1231日のご注文分までは送料無料とさせていただきます。どうか、ごひいきに。

の手帳『つきのこよみ』は、通常のカレンダーであるグレゴリオ暦(=新暦)の日付ではなく、和暦(旧暦)の日付のほうを大きくメインに表示した手帳です(詳細はこちら)。

 『つきのこよみ』をお使いいただくことで、あなたはその瞬間から、全世界で最も古くから存在する神のおわす国、日本の長い歴史とつながります。月の満ち欠けで「とき」を数える日本人古来のタイム感のなかに身を置き、自然や宇宙の律動とあなたのプライベートを同期することができます。

記:グレゴリオ暦 2020年11月29日 / 区分:こよみ