• ●読み方● 和暦=旧暦/月の出入=東京で月の中心が地平線に重なる時刻/(二)=二十四節気/(雑)=雑節/(節)
    =節句/(年)=年中行事/G暦=グレゴリオ暦 (新暦)/データ出典…暦要綱・暦計算室(国立天文台)/※月満ち欠け図は目安です。免責事項
  • カテゴリー

  • グレゴリオ暦/2013.08.07 UP  カテゴリー「特集/ツクヨミをさがして

    ツクヨミをさがして② 
    『古事記』『日本書紀』に隠された古代呪術 陰陽五行

     さらに『古事記』では本文がスタートする前に置かれた太安万侶(おおのやすまろ)による序文に、こうあります。


    【日本書紀 原文】

     臣安萬侶言。夫、混元既凝、氣象未效。無名無爲。誰知其形。然、乾坤初分、參神作造化之首、陰陽斯開、二靈爲群品之祖。


    【日本書紀 現代語訳】

     臣安万侶が申し上げます。

     そもそも混沌とした万物の根元がすでに固まっていたとしても、ものの形も性質もまだあらわれておらず、そのころのことは名づけようも仕業(しわざ)もなく、誰もその形を知るものはありませんでした。しかしながら天と地がはじめて分かれると、三柱の神(アメノミナカヌシ、タカミムスヒ、カムムスヒ)が創造のはじめとなり、陰と陽の二気が分かれると、二柱の神(イザナキ、イザナミ)が万物の祖となりました。

    (参考文献/倉野憲司校注『古事記』岩波文庫/1963)

     

     『古事記』もまた『日本書紀』同様に、世界がまず混沌から陰陽二気に分かれることからはじまったという前提に立っていることがよくわかりますね。

     記紀神話は神道とも一体であることを考えると、その根底に陰陽五行説のロジックがどうどうと横たわっている事実はやはり見逃せません。

     吉野裕子はほかにも記紀が語る神話に秘められた謎を陰陽五行の法則によって解き明かし、上記以外にも日本文化やその基底にある神話の中には陰陽五行説の呪術が予想以上に広く浸透していることを論証しています。

     だとすれば、これからさらに見ていくツクヨミやその周辺にも同じことがいえる可能性は高く、そうしたなかから原日本的な風景や真理を探り出すには、道教や陰陽五行のベールを取り除いて考える必要があることはおぼえておいたほうがよさそうです。

    (つづく)

    ※図版・表について/吉野裕子著『吉野裕子全集』「日本古代呪術」「五行循環」(人文書院/2007)など、同全集収録の複数の文献を参考に作成しました。
    カテゴリー「 特集/ツクヨミをさがして 」の最新記事
    RSS RDF ATOM   

    このウェブサイトについて特定商取引に基づく表記プライボシーポリシーお問い合わせ

    Copyright © 2006-2020 88d All right reserved.