• ●読み方● 和暦=旧暦/月の出入=東京で月の中心が地平線に重なる時刻/(二)=二十四節気/(雑)=雑節/(節)
    =節句/(年)=年中行事/G暦=グレゴリオ暦 (新暦)/データ出典…暦要綱・暦計算室(国立天文台)/※月満ち欠け図は目安です。免責事項
  • カテゴリー

  • グレゴリオ暦/2012.11.13 UP  カテゴリー「特集/ツクヨミをさがして

    ツクヨミをさがして① 
    日本神話が多くを語らないなぞの神様


     記紀(『古事記』と『日本書紀』)に書かれたツクヨミ関連の記事は以上ということになりますが、これらからまず次のことがわかると思います。


    ○ ツクヨミが『古事記』では「月讀命」、『日本書紀』では「月弓尊」「月讀尊」「月夜見尊」と表記され、いずれも「つくよみのみこと」と読む月神であること

    ○ アマテラス、スサノヲとときを同じくして生まれた兄弟神であり、神の中でもとくに貴い「三貴子」の一柱であること

    ○ 夜(場合によっては海)の統治者を命ぜられていること


     これらの属性からツクヨミがかなり格の高い神なのであろうことがうかがえます。しかし一方で記紀からツクヨミについてわかる情報はこれしかなく、あとはさまざまな状況証拠から推測していくしかありません。ただし『日本書紀(別編)』の③に書かれたウケモチ殺害譚には興味深いことがわかっているので、のちほど改めて見てみることにします。

     それにしても同じ「三貴子」でありながら、アマテラス、スサノヲと比較してこれほどまでの扱いの差があるのは、どうにも解せませんよね。

     記紀神話が伝えるアマテラスとスサノヲの活躍は日本人なら知らないひとがいないぐらい有名です。「天の岩屋戸」や「ヤマタノオロチ」「国譲り」「天孫降臨」など、記紀の神代には二柱の確執や活躍の物語がたっぷり描かれています。ツクヨミとの扱いの差は歴然。どうしてなのでしょうか。なにか隠しておきたい秘密でもあるのでしょうか。

     日本神話最大の謎、ツクヨミの正体にもう少し迫ってみたいと思います。

    (つづく)
    カテゴリー「 特集/ツクヨミをさがして 」の最新記事
    RSS RDF ATOM   

    このウェブサイトについて特定商取引に基づく表記プライボシーポリシーお問い合わせ

    Copyright © 2006-2020 88d All right reserved.