• ●読み方● 和暦=旧暦/月の出入=東京で月の中心が地平線に重なる時刻/(二)=二十四節気/(雑)=雑節/(節)
    =節句/(年)=年中行事/G暦=グレゴリオ暦 (新暦)/データ出典…暦要綱・暦計算室(国立天文台)/※月満ち欠け図は目安です。免責事項
  • カテゴリー

  • Category:月

    グレゴリオ暦/2019.02.26 UP  カテゴリー「

    新月前の細い月と土星、明けの明星が夜明け前に超お近づき

    朔を数日後に控えた和暦一月二十六、二十七日(G暦3/2、3/3)の夜明け前、 南東の低い空で、昇りゆく細い月と土星、明けの明星(金星)が接近します。  まず二十六日未明に月が土星をともなう......

    ▼続きを読む

    グレゴリオ暦/2019.02.17 UP  カテゴリー「

    和暦新年最初の望は平成最後の最大満月

    和暦新年最初の望は、いきなり年間で最も大きく見える満月となります。「平成最後」の最大満月です。どことなく縁起のよろしい気がするのは私だけでしょうか。もっとも、デカければよいという思考は田舎者のならいで......

    ▼続きを読む

    グレゴリオ暦/2019.02.05 UP  カテゴリー「こよみ ,

    つきのこよみより にっぽんの みなさまへ 和暦新年の お知らせです。

     グレゴリオ暦2月5日、和暦の元日を迎えました。あけましておめでとうございます。  今年の和暦一月一日は、こよみのうえでの春の初日である「立春」の翌日にあたり、まさに「初春」といえます。ちなみに......

    ▼続きを読む

    グレゴリオ暦/2018.08.14 UP  カテゴリー「

    古来の正しい七夕からお盆の月、文月(和暦七月)

     水無月二十六日(G8/7)にあたる立秋をすぎ、和時感では「初秋」となる和暦七月=文月(G8/11~9/9)は、日本古来の正しい七夕とお盆の月。私たちの多くが現在、行っている七夕とお盆は"グレゴリオ暦"などと......

    ▼続きを読む

    グレゴリオ暦/2018.07.09 UP  カテゴリー「こよみ ,

    皆既月食もある水無月(和暦六月)の月宙(つきぞら)

     和暦六月は日本古来の季節感でいえば「晩夏」、夏の終盤にあたります。和暦では夏至を含む月が五月と決められているので、六月には二十四節気の大暑が含まれることになり、こよみの上では暑さの盛り。小暑から大暑が終わる......

    ▼続きを読む

    RSS RDF ATOM   

    このウェブサイトについて特定商取引に基づく表記プライボシーポリシーお問い合わせ

    Copyright © 2006-2019 88d All right reserved.