• ●読み方● 和暦=旧暦/月の出入=東京で月の中心が地平線に重なる時刻/(二)=二十四節気/(雑)=雑節/(節)
    =節句/(年)=年中行事/G暦=グレゴリオ暦 (新暦)/データ出典…暦要綱・暦計算室(国立天文台)/※月満ち欠け図は目安です。免責事項
  • 旧暦手帳tsukinokoyomi15を買う
    和暦手帳tsukinokoyomi

    【伝えたいこと】

    私たちが私たち自身と
    再びしっかりつながれる手帳


    ことあるごとに月を見上げ、自然のうつろいのなかに「とき」をみた日本人が1300年以上使ってきた和暦。和暦は日本の伝統文化です。6~7世紀ごろに古代中国大陸から伝わって以降、国内で数度のバージョンUPを経て、明治5年(1872年)まで使われていました。

    月の満ち欠けに根差した和暦がつむぐ「とき」は、まさしく月の満ち欠けそのもの。和暦は自然のサイクルにあわせて日々を過ごすことのできる大変すぐれたツールです。これは自然のサイクルと離れた新暦(グレゴリオ暦)ではまったくできないことで、この点にこそ和暦の最大の魅力があります。

    それは同時に、好んで月を愛で、自然を愛した日本人の心性をはぐくんだ大切な文化であり、だからこそ私たちは和暦というこよみのなかに、”懐かしい新しさ”とか、ふるさとのような”あったかい安心感”や、あるいは忘れがちな”自然とのつながり”を感じるのでしょう。

    和暦をとおして私たちは日々うつろいゆく月の満ち欠けを知ります。宇宙に浮かぶ星たちのいとなみに気づきます。潮の満ち引きなど、月の満ち欠けに連動した自然のサイクルに触れます。あなたのからだやこころのなかにも、そうしたサイクルが眠っているかもしれません。

    それらはすべて地球の鼓動です。循環し続ける地球の呼吸です。

    和暦をとおして私たちは地球とつながります。日本とつながります。私たちが、私たち自身と再びしっかりつながります。

    tsukinokoyomiが、みなさんにとって、そんな手帳であればと願うばかりです。