このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark

  • ●読み方● 和暦=旧暦/月の出入=東京で月の中心が地平線に重なる時刻/(二)=二十四節気/(雑)=雑節/(節)
    =節句/(年)=年中行事/G暦=グレゴリオ暦 (新暦)/データ出典…暦要綱・暦計算室(国立天文台)/※月満ち欠け図は目安です。免責事項
  • 88dからのお知らせ

  • 和暦の「わ」の字は、「理(ことわり)」のわ

     ” 和暦の「わ」の字は、「まわる」のわ ” でもみたように、満ち欠けと正確に連動する和暦の日付は、天空でいま起こっている事象=宇宙の理(ことわり)を、 kotowari そのままリアルに反映したものであるということができます。日付は宇宙を映し出す

     ところが、だからこその誤差が実はこよみにも反映されてしまいます。すなわち地球が太陽の周囲を1公転するあいだ=四季が一巡するあいだに、月の満ち欠けは12回きっちりとあるわけではないため、毎年の月日と季節感とのあいだにズレが生じてしまうのです。

     そこで和暦では月のこよみとあわせて、季節のこよみも併用されます。それが「二十四節気」。四季をさらに細分化した24段階の季節の移ろいとして知ることができる、太陽のこよみです。二十四節気

     和暦にはさらに「閏月(うるうづき)」という機能も搭載されています。上で述べた毎年の月日と季節のズレは年間約11日。これを解消するために、約三年に一度、余分に1か月を挿入して1年を13か月とすることで、誤差を見事に修正してしまうのです。閏月

     和暦では月と太陽それぞれのサイクルのちがいを、自然界が本来もっている差異としてそのまま内包し、なおかつ両者の差を埋める工夫も行っているわけです。

     この点をあいまいにしてしまったのがグレゴリオ暦です。その結果、グレゴリオ暦は自然や宇宙のいとなみとは関係なく、ただ日々を重ねていくこよみになりました。1年=365.2422日の長さにはこだわったものの、毎月の長さが無根拠で不正確など細部はおろそかで、毎日は日々消費されていくものとして以外の意味をもちません(キリスト教の終末論の観点からはそのほうがむしろ好ましいのかもしれませんが)。グレゴリオ暦

     毎日が宇宙や自然の理の反映である和暦において、日付には明快な根拠があり、いたずらに数字を加算していくのではない、意味があります。満ち欠けだけではわかりづらい情報は二十四節気で得られるようにし、「とき」を日常的に多角的な視点でとらえられるようにもなっています。

     和暦の「わ」の字は、「理(ことわり)」のわ。自然や宇宙に実在する力学を、ありのままの形で取り込み、暮らしにも不便ないよう理として上手に落とし込んだのが和暦といえます。

    ▲和暦の「わ」トップページへ
    ご意見、ご感想お待ちしています。
    こよみや旧暦、月に関する原稿の執筆お受けしております。
    また旧暦手帳 tsukinokoyomi や本ウェブサイトに対するご意見、ご感想、 tsukinokoyomiをお取り扱いいただけるお店の方なども募集中です。
    ご興味のある方はぜひご一報ください。
                            ご連絡はこちらから。
    コラムタイトル
    朝鮮動乱③ 
    非核三原則の放棄はカネのかからない抑止力
    皇紀2677年 和暦4月5日 ☆受話器を乗せたオシャレなブタはけっしてブレない☆  金正恩が核を手放すことは100%絶対にない。しばらく様子見で抑制的なふりをす...

    ▼続きを読む