• ●読み方● 和暦=旧暦/月の出入=東京で月の中心が地平線に重なる時刻/(二)=二十四節気/(雑)=雑節/(節)
    =節句/(年)=年中行事/G暦=グレゴリオ暦 (新暦)/データ出典…暦要綱・暦計算室(国立天文台)/※月満ち欠け図は目安です。免責事項
  • 基本編 /目 次

  • うんちく編/目 次

  • 和暦を知る

    02. 四季の区分① 節切りと月切り

    節切りと月切りで分け方が異なる

    ①節切り …二十四節気を基準に季節を分ける
    ◇各季節のはじまりは立春、立夏、立秋、立冬

     二十四節気というのは四季をさらに6つずつに分けたものですから(くわしくはこちら)、たとえば冬なら立冬→小雪→大雪→冬至→小寒→大寒といった具合に、各季節は約15日ごとに訪れる6つの段階からなる、気候の移ろいによって構成されています。

     四季のはじまりは、それぞれ立春、立夏、立秋、立冬にあたる日。したがって各季節の終わりは、それぞれ立春、立夏、立秋、立冬の前日ということになります。

    <春>
    立春(節)→ 雨水(中)→ 啓蟄(節)→ 春分(中)→ 清明(節)→ 穀雨(中)
    <夏>
    立夏(節)→ 小満(中)→ 芒種(節)→ 夏至(中)→ 小暑(節)→ 大暑(中)
    <秋>
    立秋(節)→ 処暑(中)→ 白露(節)→ 秋分(中)→ 寒露(節)→ 霜降(中)
    <冬>
    立冬(節)→ 小雪(中)→ 大雪(節)→ 冬至(中)→ 小寒(節)→ 大寒(中)

    二十四節気

    ◇節分は本来、各季節の前日を意味していた

     ちなみに雑節の「節分」はいまでは立春の前日のことをいいますが、もともとは立春のみならず、立夏、立秋、立冬の前日も節分でした。まさに「季節を分ける」日だったわけです。しかし1年のはじまりは寒い冬が終わり生命が再び芽吹きはじめる春であることから、邪気を払って新しい年を迎える意味で立春前日がとりわけ重要視され、やがて現在の節分だけが残っていったようです。