• ●読み方● 和暦=旧暦/月の出入=東京で月の中心が地平線に重なる時刻/(二)=二十四節気/(雑)=雑節/(節)
    =節句/(年)=年中行事/G暦=グレゴリオ暦 (新暦)/データ出典…暦要綱・暦計算室(国立天文台)/※月満ち欠け図は目安です。免責事項
  • 基本編 /目 次

  • うんちく編/目 次

  • 和暦を知る

    和暦1月7日
    七草/七日正月


    芹なずな 御形はこべら 仏の座 菘すずしろ これぞ七草

    ◆春の若菜を食べて祝う七日正月(なのかしょうがつ)

     五節句の「人日(じんじつ)」の日でもある1月7日は「七草」「七日正月(なのかしょうがつ)」ともよばれ、七草粥(ななくさがゆ)を食べる日とされます。正月はこの日まで青菜を食べてはいけないという地方もあります(島根県八束)。

     この日に粥を食べるようになった理由はよくわかっていませんが、古代中国で人日の日には無病息災を祈って粥を食す習慣があったことから、これが日本の春の若菜摘みの習慣と結びついて、平安時代以降、朝廷や寺社で行われるようになったと考えらえれます。

     粥(地域によっては雑煮や雑炊のことも)に入れる春の七草は、このページの見出しの歌のとおり、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ(カブ)、スズシロ(大根)の7種。


    ◆七草は包丁で音を立てて刻む

     七草は前日6日ないしは5日に摘み、年神に供えたのち、6日の夜か7日の夜明けに包丁で音を立ててたたくようにして刻みます。

    七草ばやしはほかにも「テッテロテロロ、オロオロオロロ、七草なずな、唐土の鳥と、日本の鳥と、かちあってばたばた」(和歌山県伊都)、降雪で春の若菜がそろわない北陸ではタラノキの芽を使って「千太郎たたきの太郎たたき、宵の鳥も、夜中の鳥も、渡らぬ先に」(新潟県北部)、「スッタンタロキ、タンタロキ、油障子に水はじき、なんじゃ。(答)傘」(石川県金沢)など、ちょっと謎めいていて面白いものが多く見られます。

     刻む際には「七草なずな、唐土の鳥が、日本の国に渡らぬうちに、スットコトンノトン」などと唱えごとが定められていることも多く、「七草ばやし」といわれました。唱える内容よりも、大きな音を立てるという行為自体に意味があり、音で鬼や疫病神を追い払うといいます。この七草ばやし、地方によっても異なるのですが、「唐土の鳥が日本に渡って云々」のフレーズが入るケースは多く、鳥追い(田畑を鳥の害から守ることを祈って行われる風習)との関連が指摘されています。


    ◆七日正月に火祭りを行う地方も

     また七草以外の七日正月の風習として、九州各地(おもに西部から南部)では「鬼火(おにび)」「鬼火たき」といわれる火祭りが行われます。

     これは、ほかの地域で1月15日に行われることの多い「左義長(さぎちょう)」「どんど焼き」と同様、竹や木で組まれた大きなやぐらを燃やし、各家が持ち寄った正月飾りを焼くというもの。激しく燃える炎と、火のなかで竹がはじける音で、年神の到来とともに正月飾りに憑いた邪鬼を払います。残り火で焼いたモチは無病息災をもたらすといわれます。


    参考文献/『日本まつりと年中行事事典』倉林正次編 1983(桜楓社)/『年中行事大辞典』加藤友康・高杢利彦・長沢利明・山田邦明編 2009(吉川弘文館)/『歳時習俗語彙』柳田国男著 1939(民間伝承の会)