• ●読み方● 和暦=旧暦/月の出入=東京で月の中心が地平線に重なる時刻/(二)=二十四節気/(雑)=雑節/(節)
    =節句/(年)=年中行事/G暦=グレゴリオ暦 (新暦)/データ出典…暦要綱・暦計算室(国立天文台)/※月満ち欠け図は目安です。免責事項
  • 基本編 /目 次

  • うんちく編/目 次

  • 和暦を知る

    和暦9月13日
    十三夜

    秋の後半に行われる、もうひとつの月見行事

    ◆十三夜を行わない片見月(かたみづき)は嫌われた

     十三夜は和暦9月13日の夜のことで、8月15日の中秋の名月、十五夜と同様、月見の行事が行われ、「栗名月」ともよばれます。

    片見月、片月見になるぐらいなら、いっそのことどちらの月見もしないほうがよいと考える風もあり、また、なかには十三夜の月見は十五夜のときと同じ場所でなければならないという地域もあります。

     8月15日に月見をして9月13日にはしないことを「片見月(かたみづき)」「片月見」といって、これを不吉であると嫌う風が昔からあり、どちらも欠かさずセットで行われるものとされているのですが、中秋の名月が全国的な風習であるのに対し、十三夜の月見は東北から九州まで広く分布してはいるものの、風習自体がない地域もあります。

     月見行事の内容は中秋の名月と同じで、団子のほか、豆や里芋、梨、柿、栗などをススキとともに供えます。ただし団子の数は13個。いずれにせよ、十三夜も農耕の収穫儀礼と考えられます。子供たちが供え物を盗むことが許され、九州以南には十五夜綱引きのように綱引きを行う地域もあります。


    参考文献/『日本まつりと年中行事事典』倉林正次編 1983(桜楓社)/『年中行事大辞典』加藤友康・高杢利彦・長沢利明・山田邦明編 2009(吉川弘文館)/『十五夜綱引の研究』小野重朗著 1997(慶友社)