• ●読み方● 和暦=旧暦/月の出入=東京で月の中心が地平線に重なる時刻/(二)=二十四節気/(雑)=雑節/(節)
    =節句/(年)=年中行事/G暦=グレゴリオ暦 (新暦)/データ出典…暦要綱・暦計算室(国立天文台)/※月満ち欠け図は目安です。免責事項
  • 基本編 /目 次

  • うんちく編/目 次

  • 和暦を知る

    和暦8月15日
    中秋の名月/十五夜

    もともとは収穫を控えた農村の豊作祈願儀礼

    ◆団子や収穫した里芋、枝豆などをススキとともに供える
    「中秋」は和暦8月15日その日を示す語であるため、「仲秋」とは意味が異なります。「仲秋」と書いた場合、季節を3つの段階に分けて表現する「初秋、仲秋、晩秋」の「仲秋」、すなわち秋のなかば(白露〜寒露のころ)、または和暦8月をあらわすことになります(くわしくはこちらを参照)

     「中秋」とは和暦8月15日のことをさし、その夜に月を愛でる風習が「中秋の名月」「十五夜」です。「芋(いも)名月」「豆名月」のほか、単に「お月見」「名月」ともいいます。

     このころは大気中の水蒸気が少なく空が澄みわたるうえ、夜間を外で過ごしても寒くないこともあって、観月に最適の時期といえ、古来、ひとびとは米の粉でつくった15個の団子や、収穫した里芋、枝豆、柿、梨などをススキとともに供え、夜空に真ん丸く輝く月をながめて楽しんできました。

     平安時代の貴族は酒宴を催して詩歌を詠じるといった具合に観月を雅やかに楽しむ風がありましたが、これは唐からもたらされた舶来の文化として流行したのでしょう。

     しかし実際には、こういった月を愛でる風習は、そもそも民間行事として日本全国に古くからありました。この時期が農村ではちょうど収穫を迎える折り目にあたり、また供え物のほか、芋名月、豆名月といった名称からもわかるとおり、日本古来のネイティブな行事としての中秋の名月、十五夜は、本質的に農耕、おもに畑作の収穫儀礼であるといえます。ただ、月見に欠かせないススキは「みのりをつけた稲穂」の見立てと考えることもできます。


    ◆子供が供え物を盗むことが許され、綱引きを行う風習も

     当日は子供たちが供え物を盗むことが許されたり、供え物をもらって歩くといった風習が全国的に見られるほか、九州から南島にかけては集落で巨大な綱を引きあう「十五夜綱引き」も多く見られます。

     十五夜綱引きには、集落のひとびとがふたつの組に分かれ綱を引きあった勝敗で作を占うもの、あるいは綱は引きあうものの勝敗にはこだわらなかったり、綱を引きずりまわすだけのものなどがあります。前者は年占(としうら)、後者は豊作を祈願する様式化された儀礼といえ、いずれもアニミズム的な古い時代からの呪術を思わせます。

     とりわけよく知られている鹿児島の例では、綱引きののち、わらで作った「みのがさ」をまとった子供たちが四股を踏むような所作で踊る十五夜踊りや相撲が行われます。集落によっては、綱引き用とは別に小さな綱で輪をつくり、これを高い木の枝にかけて「月に供える」場合もあります。


    ◆十五夜綱引きの綱は再生や不死を象徴するヘビの象徴か

     それにしても、なぜ「綱」なのでしょう?