• ●読み方● 和暦=旧暦/月の出入=東京で月の中心が地平線に重なる時刻/(二)=二十四節気/(雑)=雑節/(節)
    =節句/(年)=年中行事/G暦=グレゴリオ暦 (新暦)/データ出典…暦要綱・暦計算室(国立天文台)/※月満ち欠け図は目安です。免責事項
  • 基本編 /目 次

  • うんちく編/目 次

  • 和暦を知る

    和暦1月20日
    二十日正月(はつかしょうがつ)

    正月納めの日

    ◆ごちそうの骨まで食す骨正月

     1月20日は大正月小正月をふくめた一連の正月行事が終わりとなる節日(せちび)で、この日を「二十日正月(はつかしょうがつ)」といいます。この日は飽食すべき日で、なんでも腹いっぱいに食べるものとされ、「正月料理のごちそうであった年肴(としざかな)の骨まで食べつくしてしまうほど」との意味から、西日本では「骨正月(ほねしょうがつ)」ともよばれます。

     実際に「骨タタキ」「骨オロシ」「骨クズシ」などと称して、残りの魚を入れた雑炊をつくる行事が行われるところもあるようです。おせち料理の残りもすべて食べつくす日ということなのでしょう。二十日正月にひもじい思いをすると、その年は食に困ると伝えられている例は各地にみられ、「乞食正月」「ヤッコ正月」とよぶところもあります(北陸〜飛騨。柳田国男によると「ヤッコ」は方言で乞食のこと)。

    この日はほかにも、羽子板が割れるまで羽をついて遊ぶ「羽子板クダキ」(新潟)、一日中だまっているのがよいという「ダマリ二十日」(長野県上田)、女の遊ぶ日だという「メダシの祝い」(岩手)、ヌストシバという木を家の周りに立てて泥棒よけにしたという「蜂の養生」など、一風変わった呼び名、行事が多く見られます。

     総じて二十日正月は料理の残りもふくめて正月関連のすべてを納める日と解釈できます。ただし骨正月的な伝承は東日本ではほとんど見られず、もっぱら飾り物などの片づけにあてられるようです。


    ◆東日本では恵比寿講の日

     なお東日本では1月20日は七福神の恵比寿をまつる「恵比寿講」の日としても知られています。恵比寿は商売繁盛、五穀豊穣をもたらす神であると同時に、台所、家を守る神でもあり、この日より出稼ぎに出発すると信じられている恵比寿と、やはり台所の神、大黒に供え物をしてまつります。全国的に見られる恵比寿講ですが、これが行われる日は地方によって異なり、東日本では1月20日と10月20日です。


    参考文献/『日本まつりと年中行事事典』倉林正次編 1983(桜楓社)/『年中行事大辞典』加藤友康・高杢利彦・長沢利明・山田邦明編 2009(吉川弘文館)/『歳時習俗語彙』柳田国男著 1939(民間伝承の会)/『年中行事覚書書』柳田国男著 2009(講談社)/『定本柳田國男全集 第十三巻(新装版)』柳田国男著 1969(筑摩書房)