和暦を知る
  • ●読み方● 和暦=旧暦/月の出入=東京で月の中心が地平線に重なる時刻/(二)=二十四節気/(雑)=雑節/(節)
    =節句/(年)=年中行事/G暦=グレゴリオ暦 (新暦)/データ出典…暦要綱・暦計算室(国立天文台)/※月満ち欠け図は目安です。免責事項
  • 基本編 /目 次

  • うんちく編/目 次

  • 和暦を知る

    04. 五節供(ごせっく)


    ◇日本古来の農村の風習と合体する

     五節供は古代中国大陸では南北朝時代(5世紀前~6世紀後)にすでに整えられており、日本でも奈良時代には入ってきています。当初は五節会(ごせちえ)とよばれる宮中の儀式として饗宴がもよおされていました。

     平安時代以降、地域によって五ではなく三節供だったり、1月の節供が7日でなく元日だったりした時代もあったようですが、江戸時代に入ると五節会に対応するような形で幕府が公式に五節供と定め、くわえて民衆のあいだで農作業の節目節目に行われていた古来の風習がしだいにこれらと合体していくことで、現在のような形になったと考えられます。

     1月の節供が正式に7日になったのもこの頃。1月1日は元日であることから別格扱いとなり、正月行事の折り目となる七日正月と結びついて7日になったのでしょう。正月に食べる「御節(おせち)料理」はまさしく節会、節日、節供の料理という意味です。

     五節供それぞれの由来と内容は次ページのとおりとなります。

    このウェブサイトについて特定商取引に基づく表記プライボシーポリシーお問い合わせ

    Copyright © 2006-2018 88d All right reserved.