月を識る
  • ●読み方● 和暦=旧暦/月の出入=東京で月の中心が地平線に重なる時刻/(二)=二十四節気/(雑)=雑節/(節)
    =節句/(年)=年中行事/G暦=グレゴリオ暦 (新暦)/データ出典…暦要綱・暦計算室(国立天文台)/※月満ち欠け図は目安です。免責事項
  • 目 次

  • 月の基礎知識

    08. 日食と月食

    ◇日食はふだんは見えない新月が姿をあらわすとき

     ダイアモンドリングやコロナ、金環など、日食では太陽のほうばかりに注目が集まりがちですが、むしろ逆に黒い陰のほうにこそ意識を向けてみると、日食は一方で普段は絶対に見ることのできない新月がその姿をクッキリとわれわれの前にあらわすタイミングでもあることがわかります。次回、日食を観測する際は新月のほうにもフォーカスしてみると、なにか発見があるかもしれません。


    ◇月食が起こるのは決まって和暦15日前後

     さて日食に対して、太陽-地球-月の順で一直線上に並ぶ満月と交点が重なると、太陽に照らされて宇宙空間に投影される地球の影の中に月がスッポリ収まることで月食となります(参照:前ページの。原理は日食と同じですが、地球の影の範囲は日食時に地球に投影される月の影よりもはるかに大きいため観測できる地域も広く、夜であれば原則、地球のどこからでも見ることができます。

     また月食となるには月が満月の位置になければならないことから、月食は和暦の日付では必ず15日前後に起こります。



    このウェブサイトについて特定商取引に基づく表記プライボシーポリシーお問い合わせ

    Copyright © 2006-2020 88d All right reserved.