月を識る
  • ●読み方● 和暦=旧暦/月の出入=東京で月の中心が地平線に重なる時刻/(二)=二十四節気/(雑)=雑節/(節)
    =節句/(年)=年中行事/G暦=グレゴリオ暦 (新暦)/データ出典…暦要綱・暦計算室(国立天文台)/※月満ち欠け図は目安です。免責事項
  • 目 次

  • 月の基礎知識

    05. 満潮と干潮

    ◇実際の干満は月との位置関係より少し遅れる
    海水面のようにやわらかい液体ではないため、わかりづらいですが、潮汐力は地表面にも働いており、大地も隆起させたりしています。

     このように、ほかの天体の影響で海面が隆起したり低くなったりする現象を「潮汐(ちょうせき)、それを引き起こす力を「潮汐力」といいますが、地球の各地点は自転により1日のあいだにABCB ‘ と移動していく(すなわちある時点で東京がA地点にあったとすると、それから約6時間後には東京はB地点へ、約12時間後にはC地点へと移動していくことになる)ため、潮汐は毎日それぞれ2回ずつ半日周期で起こります。

    mancho3

     ただし地形や湾の形、海水の粘性、海水と海底との摩擦などさまざまな要因により、実際の満潮・干潮は以上のメカニズムどおり正確に起こっているわけではありません。

     右図のように実際の月との位置関係よりも遅れるのが通常で、東京などの満潮は図のA位置のように月が天頂高く真南に見えている(南中)時刻ではなく、むしろ月が水平線(地平線)付近に見える、月の出や入り時刻に近いこともあります。



    このウェブサイトについて特定商取引に基づく表記プライボシーポリシーお問い合わせ

    Copyright © 2006-2019 88d All right reserved.