• ●読み方● 和暦=旧暦/月の出入=東京で月の中心が地平線に重なる時刻/(二)=二十四節気/(雑)=雑節/(節)
    =節句/(年)=年中行事/G暦=グレゴリオ暦 (新暦)/データ出典…暦要綱・暦計算室(国立天文台)/※月満ち欠け図は目安です。免責事項
  • 最近の記事

  • 千のレゴリス

    グレゴリオ暦/2017年1月20日  カテゴリー「ボヤッキー , 僕らの国づくり

    ドナルド・トランプ

    和暦12月23日

     正直言ってドナルド・トランプ、僕の非常に好きなタイプのオッサマです。

     不遜な態度、ケンカ上等な物言い、既成ルールぜんぶガン無視、下ネタ全開のゴシップ……、もうすべてが魅力的♥

     これを書いているのはトランプの大統領就任式数時間前なんですが、就任後、彼がなにを言い出すか世界は戦々恐々としていますよね、わが国も含めて。それがまた愉快きわまりない。

     トランプは就任直後にTPP離脱宣言をすると明言し、日米の通商は二国間FTAの線で再構築していくなどとふざけたことを抜かしています。どうなるのか僕もたしかに心配ではありますが、そうなったら、つまらない小ネタで失脚させられた甘利明(元経済財政政策特命担当大臣のね)の心血注いだ努力が完全に水の泡で、あまりにもかわいそう。僕は甘利サンが日本優位で進めたTPP交渉を非常に高く評価していますから(彼の日本への貢献度に比べて、文春砲にやられたURの口利き疑惑なんてカスみたいな話し過ぎて、辞任する必要など1ミリもなかった)、まずはアメリカ抜きのTPP ver2でも進めていただきたい。

     ま、それはさておき、僕的にはトランプ政権で最も注目しているのが国防長官に就任予定の”マッドドッグ”ことジェームズ・マティス大将(←通称が「狂犬」ですよ!? カッコよすぎ。笑)。湾岸戦争やイラク戦争も現場で戦った元海兵隊の叩き上げで、男気と知性あふれるタフガイです。リアリズムあふれる安全保障戦略に期待したいところですね。

     それともうひとりがクシュナー。ファーストネームは忘れました。トランプの娘、イバンカの御主人で、トランプの選挙参謀として辣腕を発揮し、選挙戦を勝利させたといわれる超ヤリ手です。たしか不動産会社(トランプとは無関係の)を父親から継いでのし上がってきた人物。縁故者を政権ポストにつけることが法律で禁止されているためクシュナーが政権内に入ることはありませんが、政策決定アドバイザーとしてホワイトハウスに入ることになっているはずです。

     クシュナーはユダヤ人でイスラエルとの結びつきが強いとされており(イバンカも彼と結婚後、ユダヤ教に改宗した)、オバマ時代に冷え込んだ同国との関係はトランプ大統領誕生によって一気に接近すると思われます。トランプはまた現在テルアビブにあるアメリカ大使館をエルサレムに移すと明言していますから、これが実行されればパレスチナは黙っていないでしょう。すでにアッバス大統領はこれを宣戦布告とみなすと語っています。

     ガザ地区からイスラエル領内に毎日のように撃ち込まれるミサイルに対し、同国は現在のところアイアンドームと呼ばれる迎撃率90%の防衛システムで守っていますが、パレスチナ側からの攻撃がさらに激化してアイアンドームで守り切れなくなった場合、核保有国のイスラエルが強硬手段に出る可能性もあるわけで、こうしたリスクも当然認識しているであろうクシュナーの手腕が見物です。もっともこれまで同様、今後も彼の動向がメディアに出ることはほぼないんでしょうが、政治経済ウォッチが大好きな自分としてはなんとかフォローしておきたいですね。

     ところでトランプ新大統領が嫌で大きなデモがアメリカ各地で行われているそうですが、少なくとも犯罪者のヒラリー・クリントンが当選しなかっただけでもよかったじゃないかと思うんですけど、彼らはなにを望んでいるんでしょうかね。そういえばヒラリーの国務長官時代の特権と旦那の元大統領という権威を利用して世界中の国や組織からカネを集めていた極悪疑似慈善法人クリントン財団はG暦6月で閉じるそうです。FBIでもCIAでも、早く彼女を捕まえちゃってほしいですよね。

    RSS RDF ATOM