• ●読み方● 和暦=旧暦/月の出入=東京で月の中心が地平線に重なる時刻/(二)=二十四節気/(雑)=雑節/(節)
    =節句/(年)=年中行事/G暦=グレゴリオ暦 (新暦)/データ出典…暦要綱・暦計算室(国立天文台)/※月満ち欠け図は目安です。免責事項
  • 最近の記事

  • 千のレゴリス

    グレゴリオ暦/2016年1月24日  カテゴリー「音楽

    ラストリゾートとスペードのエース

    和暦12月14日

     まさしくひとつの時代が終わった感を否めません。ロックスターたちが次々と星になっていきます。

     Davbid Bowieに続いて世界に衝撃を与えたのがG1/18のGlenn Freyの訃報でした。僕はEaglesのそれほど熱心なファンではありませんでしたが、アルバムはホントよく聴きましたよ。

     自分は結構な音楽オタクなんですが、仲の良い同類3人で集まって酒を飲みながらよく聴いたのがEaglesのアルバム”Desperado”とか”Hotel California”でした。それぞれ好きな音楽の方向性が異なる3人が共通して魂を揺すぶられちゃうのがEaglesだったんですね。正直、”Desperado”も”Hotel California”もオタク的切り口からいうとあまりにメジャー過ぎてターンテーブルに乗せるにはきわめてベタな選択ではあるのですが、なんだかんだいって、とりわけ「ホテカリ」は有無を言わさぬ超名盤なんですよね、やはり。

     なかでも”Hotel California”ラストを飾る壮大なバラード’The Last Resort’が僕はたまらなく大好きで、目を閉じて、文字通りレコード盤が擦り切れるほど聴き込みまくったものです。この曲ははDon HenleyとGlenn Freyの共作。

     キッズたちのためではなく、いつのまにかキッズから搾取するための商材と化しつつあったロック産業の現状と、理想社会の建設を目指してイギリスからメイフラワー号でアメリカ大陸に渡ったピルグリムファーザーズたちが、やがてネイティブアメリカンから土地を奪い搾取していった先に現在の合衆国が存在しているという”理想社会の矛盾”を重ね合わせた社会性の強いリリックは、英語があまりわからなくてもそこそこ聴き取れ、ピューリッツァ賞級の長編文学を読んだあとみたいな、胸をえぐられるような気分に毎回浸ったものです。



     グレンを偲んで、ジャクソン・ブラウンやブルース・スプリングスティーンがLIVEで’Take It Easy’をカバーしてます。熱いです。





     ああ、、、、、、それとそれと、実は今日知ったのですが、MotörheadのLemmy KilmisterがG12/28に亡くなっていたんですね。レミーはここ数年、糖尿やらなんやらで闘病していてショーをキャンセルすることも多く、もう長くないんじゃないかと実は心配していたのですが、末期癌で急死していたとは……。

     レミー率いるモーターヘッドは、なんびとたりとも手をつけることのできない世界最凶の極悪激騒超ド級ヘヴィロックバンド。現在のあらゆるLoud Rockの原点といえるバンドです。楽曲はいずれも抜群の暴力性をたずさえながら、ひたすらノイジーに爆走していきます。tsukinokoyomiを買っていいただいているお客様は絶対に聴かない類の音楽かもしれません。

    Motörheadのキラーチューン’Ace of Spades’と’Overkill’。かっけぇ。↓

     Rock’n’Rollよ永遠に。R.I.P. Glenn Frey。R.I.P. Lemmy Kilmister。あなた方の遺志を継いで、僕も死ぬまでROLLし続けます。

    RSS RDF ATOM   

    このウェブサイトについて特定商取引に基づく表記プライボシーポリシーお問い合わせ

    Copyright © 2006-2019 88d All right reserved.