• ●読み方● 和暦=旧暦/月の出入=東京で月の中心が地平線に重なる時刻/(二)=二十四節気/(雑)=雑節/(節)
    =節句/(年)=年中行事/G暦=グレゴリオ暦 (新暦)/データ出典…暦要綱・暦計算室(国立天文台)/※月満ち欠け図は目安です。免責事項
  • 最近の記事

  • 千のレゴリス

    グレゴリオ暦/2015年7月8日  カテゴリー「PC , ウェブ

    ウェブに書いた記事をCopyright Proofで保護して、気分爽快、イイ気味ざんす

     インターネットを利用しているひとのなかには、どういうわけかウェブ上にあるコンテンツはテキストも画像も、どれもこれも勝手にダウンロードして、まるで自分のお手柄のごとく使用してよいと勘違いしているオツムのユルイ方が大勢いらっしゃるようで。

     以前より本ウェブもだいぶヤラれています。「お宅のコンテンツをどこどこの誰々が勝手にパクってます」とわざわざ教えてくれる親切な方もいますが、その大半は自分でたまたま見つけでもしない限り、気づくことさえできなかったりします。

     相手がせめてウチにリンクなどをはっていてくれれば、一応ルールを守ってくれているということで「許可」としますが、それを無視して自分のアイデアや意見のようにエラそうにブログに書いている卑しい輩が少なくないのはホント困りもの。

     自分は文を書いて喰ってきたりしていることもあります関係で、そのあたりにはきわめて敏感なほうなのですが、実際にはこれまで放置してきました。

     ところが。

     こんな簡単な「卑し系」撃退法があったんですね。

     本ウェブサイトはWordPressで構築しているのですが、このたび「Copyright Proof」なるWPプラグインを導入してみました。超カンタンな設定で、ウェブ上の著作権証明を発行してもらえます。のみならず、「卑し系」のみなさんが大好きな右クリックで保存やドラッグによるテキストコピーが利かなくなる設定も行えます。

     右クリックやコピー防止プラグインはほかにもありますが、Copyright Proofのキモはこの証明書機能と、やはりWP最新ヴァージョンにも対応してアップグレードされている点ですね。

     で、試してみたところ、おお、見事にコピー不能じゃないですか。一方の証明書のほうは「控え、控えぇい、これが目に入らぬかぁ!」と三つ葉葵の印籠代わりに使えることでしょう。ざまぁ見やがれ、悪代官め。気分爽快、イイ気味、イイ気味。

     コピー防止機能だけでも、抑止力としては十分なのではないかと思います。ただ自分でHTMLソースを確認したいときも右クリックが利かないので、そのたびにいちいち機能を解除しなくてはなりません。もっともこのぐらいは余裕で我慢の範疇ですけどね。というわけで、コレ、かなりオススメでござるなり。

    RSS RDF ATOM   

    このウェブサイトについて特定商取引に基づく表記プライボシーポリシーお問い合わせ

    Copyright © 2006-2018 88d All right reserved.