• ●読み方● 和暦=旧暦/月の出入=東京で月の中心が地平線に重なる時刻/(二)=二十四節気/(雑)=雑節/(節)
    =節句/(年)=年中行事/G暦=グレゴリオ暦 (新暦)/データ出典…暦要綱・暦計算室(国立天文台)/※月満ち欠け図は目安です。免責事項
  • 最近の記事

  • 千のレゴリス

    グレゴリオ暦/2014年1月2日  カテゴリー「宮中

    皇居へ新年の一般参賀に行ってきました

    旧暦12月1日 記

     本日はグレゴリオ暦1月2日ということで、自分的恒例行事である、皇居での新年一般参賀に行ってきました。

     グレゴリオ暦にせよ旧暦にせよ、これ抜きでは一年をはじめられません。

     昨年は陛下の真正面を陣取れたのですが、今年は正面に向かってやや左寄りのだいぶ後ろのほうで、陛下はもちろん皇族方のお顔もまるっきり見ることができませんでした。陛下がお出ましになられると、みんな高々と一斉に日の丸を振り出しますから、なおさらです。

     しかも陛下のご挨拶がはじまってもまわりのオバチャンたちが「見えた?」とか「どこどこ?」とか「あれ雅子さま?」とかずっとしゃべってて、お言葉もぜんぜん聞き取れないし……。

     とはいえ、現在、私は自分の”毒消し”キャンペーン中でして、一般大衆社会にうまいこと溶け込んで潜伏する努力をしているまさに最中ですので、むしろこれはそのキャンペーンが功を奏している現われにちがいないと、よい意味にとらえています。素晴らしいです。

     それでも「天皇陛下万歳」と「日本万歳」の三唱もしっかり行えましたし、まぁっったく問題ありませんね。

     そんなわけで、NHKのニュースサイトに配信されていた陛下のお言葉を、いま確認したところです。同配信によると、今日の一般参賀では平成に入ってから二番目に多い8万1000人ものひとびとが皇居を訪れたとのこと。どおりでラッシュアワー並みにパンギュウでしたよ。

     ということで以下、天皇陛下のお言葉です。

     「新しい年を共に祝うことを誠に喜ばしく思います。本年が国民一人一人にとり、安らかな穏やかなものであることを願っています。年の初めにあたり、わが国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります」

    RSS RDF ATOM   

    このウェブサイトについて特定商取引に基づく表記プライボシーポリシーお問い合わせ

    Copyright © 2006-2019 88d All right reserved.